DRESSSEN

2018/08/22
by URBAN RESEARCH

DRESSSEN


ドレッセンはDIRECTOR 後藤 順一によって、 2015年1月にスタートしたブランド。長年のアパレル経験を経て2014年フードコーディネーターに転身。
ファッションの観点から着る人も見る人も楽しくなるエプロンのブランドを立ち上げる。"let's change an apron"をコンセプトにファッションの観点から"着替えるエプロン"を提案。日本製にこだわり型から老舗工場へ依頼、頒布特有の自然な色合いを見せる厚手のエプロンは、使い込むうちに独特な風合いを醸し出す。